相続人の決まり方

相続人は亡くなった人から財産を相続する立場の人です。
ではこの立場の人というのはどうやって決められているのでしょうか。

 

まずその亡くなった方の配偶者、ようするに妻は常にこの立場の人間となります。
しかし妻といっても戸籍上で入籍しているのが条件であり、そうでない場合は当てはまりません。

 

なのでもし既に離婚をしていたりしているのなら相続する権利がないということです。
そして配偶者ではなく家族での関係ですがこちらにも順位というものが定まっています。
まず真っ先に優先されるのはその亡くなった人の子供です。浮気 親権
そして次にその父親と母親、そして最後に兄弟姉妹といった順序付けにされています。

 

しかしもしその対象が死亡している場合には変わってきて、子供が死亡している場合にはその子供の子、ようするに孫に、そして父親と母親が既に亡くなっている場合には祖父と祖母に、兄弟と姉妹が死亡している場合にはその兄弟姉妹の子、亡くなった人の甥や姪に当たる人となります。

 

といってもこれらはあくまで亡くなった人からの遺言等の言葉がない場合での優先順位であり、もし遺言等に財産の相続を兄弟姉妹に譲ると書いてあれば、子と父母飛ばして財産の取得の権利が兄弟姉妹に生まれるということになります。